menu

ITI International Team for Implantology

スカラーシップ応募要件

ITI スカラーシップの主な応募要件は以下の通りです。

  • BDS(口腔外科学士)、DDS(口腔外科博士)または同等の学位を保有していること。
  • 歯周病学、口腔外科、歯科補綴学その他歯学の専門分野において、2年以上の卒後研修経験があること(証明書の公証された英語での翻訳文が必要となります)。または、資格を有する歯科医として、インプラント関連の内容を含む3年間の臨床経験があること。卒後研修はITI スカラーシップ受給年の開始までに修了している必要がありますが、研修期間中でも応募書類の提出は可能です。
  • 指導や教育に対する熱意があること。
  • 希望するITI スカラーシップセンターの地域で使用される言語に関して、一定以上の知識があること。
  • 一部のITI スカラーシップセンターでは、非ネイティブ・スピーカーは、ITI スカラーシップ受給年の開始までに言語能力の証明書が必要となります。各スカラーシップセンターに関する情報は、ITI のWebサイトをご覧ください。特に規定されていない場合、非ネイティブ・スピーカーは言語能力の証明書を取得することが推奨されますが、必須ではありません。

オンラインでの応募プロセスを完了するには、以下のことに注意してください。

  • すべての書類は英語で作成し、PDF形式で保存してください。
  • 履歴書は必要ありません。オンラインでの応募プロセスに従ってください。
  • ITI スカラーシップセンターリストをもとに検討し、2つのセンターを選んでください。
  • 推薦人のemailアドレスは2名分必要です。

オンラインでの応募プロセスには、以下の書類をご用意ください。写真を除くすべての書類に手書きで署名の上、PDF形式で保存し、応募プロフィール・ページにアップロードしてください。

  • ID/パスポートの写し。
  • ITI スカラーシップ委員会宛ての志望動機書(2ページ以内)。将来の専門的な志望目標に重点を置きながら、ITI スカラーシップが自分に役立つと考える理由を記載してください。志望動機書は個別のPDFファイルとしてアップロードしてください。志望動機書作成のガイドラインはこちらからダウンロードできます。
  • 署名済みの推薦状2通。推薦状は最近(今年)書かれたものである必要があります。推薦状の執筆は、可能であれば教授やITIフェローなどに依頼してください。手書きの署名がない推薦状は受理されないことに注意してください。
  • 写真1枚(パスポート・サイズ。JPG形式、大きさ:140 x 185ピクセル以上)。
  • 言語能力の証明書(必須ではありません)。

スカラーシップ応募要件(PDF)

ITI 本部Webサイトwww.iti.orgFrequently Asked Questions(FAQ)のリストを併せてご覧ください。詳しくはscholarship@iti.orgまでお問い合わせください。