menu

ITI International Team for Implantology

第3回 SC北海道2

こちらはITI メンバーではない方のトライアル参加申込用ページです。
ITI メンバーの方はITInetへログインしてお申し込みください。
ITInetへ

Information

テーマ:「ITI Annual Conference 2018 レポート」
講師:黒江敏史先生(ITI フェロー/山形県南陽市開業)・吉村治範(SC北海道2ディレクター)

今回は2018年4月21日にアムステルダムで開催される 6th ITI Consensus Conferenceの内容について、ITI Annual Conference 2018 に参加する黒江敏史先生と吉村で報告させて頂く予定です。

https://iti.eventsair.com/QuickEventWebsitePortal/iti-annual-conference-2018/info

ITI Consensus Conferenceは、ほぼ4年ごとに開催されるITI コンセンサスミーティング(5日間)で5つのテーマにグループ分けされて議論された内容がこの日のセミナーで発表されます。この内容が今後4年間のインプラント治療のガイドラインとされ、ITI コンセンサスレポートとして出版されます。今回のテーマは以下のようになっており、どれも興味ある内容となっています。

Group1: Contemporary surgical approaches to implant design, medical risk and grafting materials
(1)Short implants
(2)Narrow implants
(3)Tapered implants
(4)Medication-related dental implant failure
(5)Evidence for the use of different bone grafts accoding to indication
(6)Consensus statements and clinical recomendations

Group2: Prosthddontic considerations for implant position, loading and materials
(1)Tilted Implants
(2)Number of implants for fixed edentulous solutions
(3)Zirconia as a restorative materials
(4)Ceramic versus titanium implants
(5)Immediate placement / loading
(6)Consensus statements and clinical recomendations

Group3: Patient reported esthetic and functional outcomes
(1)Long-term esthetic outcomes single and multiple FPD
(2)Removable versus fixed in edentulous cases
(3)Immediate implants placement and loading from the patients’ perspective
(4)Consensus statements and clinical recomendations

Group4: Biological and medical risk
(1)Diagnosis of Peri-implantitis
(2)Biological complications of implants placed in augmented vs. pristine sites
(3)Implant placement in the geriatric patient with medical risk factors
(4)Success of peri-implantitis treatment
(5)Consensus statements and clinical recomendations

Group5: Didital and conventional technologies for planning and treatment
(1)Digital vs conventional implant planning
(2)The accuracy of implant impression – conventional vs. digital techniques
(3)Precision of linear measurements when using CBCT
(4)Comparing drillguide designs
(5)Consensus statements and clinical recommendations

今後のインプラント治療の指針となる話題です。是非ご参加下さい。
多くの皆様のご参加をお待ちしております。

Outline

開催日2018.8.25(土)
時間16:00-19:00
会場北海道立道民活動センター かでる2.7 1060会議室
所在地札幌市中央区北2条西7丁目
SCD吉村 治範
SCcoD三上 格 仲西 康裕
講師黒江 敏史先生
定員30名

Map