menu

ITI International Team for Implantology

東北支部会(第3回 SC青森)

こちらはITI メンバーではない方のトライアル参加申込用ページです。
ITI メンバーの方はITInetへログインしてお申し込みください。
ITInetへ

Information

第3回SC青森は東北支部の合同ミーティングとなります。

昨年度よりITI Study Clubの支部制が発足し、東北6県が東北支部となります。東北地方でのITI のアクティビティを高めていくため、年に1度合同でミーティングを開催することとなっています。今年度はITI Section Japan チェアマンである勝山英明先生をお招きし、ご講演をいただきます。また午後からは、各SCメンバーによる症例/研究発表も実施いたします。

■9:30~12:00 シンポジウム1
講師:勝山英明先生(ITI Section Japan セクションチェアマン)

講演1:ITI Section Japanの将来ヴィジョン
ITI Section JapanはITI 最初のセクションとして1996年にITI 本部より認められ、ITI のセクション構想の皮切りとなった。その後、スイス GstaadでのITI 組織改変によりITI は大きく拡大する方針をとった。それによりITI は現在では15,000人を越える世界最大規模のインプラント学会へと成長し、ITI Section Japanも1,400名を越える米国に続く二番目に大きな組織となった。ITI Study Clubコンセプトは大きな成功を収めたが、さらなる発展が望まれる。

講演2:インプラント治療のパラダイムシフト
近年、我々を取り巻く環境には大きな変化が見られる。例えば急速な高齢化、審美性や長期予後に関するような治療に対する要求レベルの上昇、低侵襲治療の必要、デジタルワークフローへの期待などが挙げられる。こういった急速な環境変化に対応するための新たなコンセプトと取り組みについて検討したい。

■13:00~15:30 シンポジウム2
メンバー症例研究発表 6名(各SCより1名 15分+質疑応答 5分)

多数の先生方のご参加をお待ちしております。

Outline

開催日2018.11.23(金)
時間9:30-15:30
会場岩手医科大学循環器センター9F
所在地岩手県盛岡市内丸19-1
SCD梅原 一浩
SCcoD山崎 尚之
講師勝山 英明先生
定員100名

Map

受付は終了いたしました。