menu

ITI International Team for Implantology

第2回 SC東京SUN

こちらはITI メンバーではない方のトライアル参加申込用ページです。
ITI メンバーの方はITInetへログインしてお申し込みください。
ITInetへ

Information

講演:「長寿社会におけるインプラントオーバーデンチャーの有用性と活用法 ~要介護を見据えたインプラント治療を考える~」
講師:田中譲治先生(ITI フェロー/一般社団法人 日本インプラント臨床研究会会長)

<講師より>
長寿社会を迎えて欠損のある方にとって、インプラント治療は周囲の歯に負担をかけずに咀嚼機能の回復および維持を可能とする健康長寿につながる福音の治療といえるでしょう。しかし、無歯顎多数歯欠損に対しては、外科的侵襲、経済面、術者の技術面から多数のインプラント体の埋入は躊躇せざるを得ない場合も臨床上多くみられます。このような中、義歯の優れた点とインプラントの優れた点を兼ね備えた少数のインプラントで高い治療効果を得ることのできるインプラントオーバーデンチャー(以下IOD)が改めて注目されてきております。そこでIODの有用性と活用法や注意点を述べてみたく思います。
IODは義歯の安定を良好にするだけでなく、顎堤保全の観点からも優れます。また、全部床義歯だけでなく部分床義歯にも有効で、咬合支持の改善に優れ、アイヒナーの分類において良好な咬合状態にすることができます。加えて、要介護を見据えた義歯設計(ユニバーサルサポート)の考え方や設計変更必要度レベル評価(NSO評価)についても触れてみたく思います。先生方からのご意見をご教授頂ければ幸いです。

多数のご参加をお待ちしております。

Outline

開催日2017.11.24(金)
時間18:30-20:30
会場昭和大学歯科病院
所在地大田区北千束2-1-1
SCD尾関 雅彦
SCcoD樋口 大輔
講師田中 譲治先生
定員30名

Map

受付は終了いたしました。