menu

ITI International Team for Implantology

André Schroeder リサーチプライズ

歯学におけるもっとも名誉のある賞の1つとして、André Schroeder リサーチプライズはインプラント歯学と関連分野における新しい科学的所見の促進に寄与します。

20年以上前に設立されたAndré Schroeder リサーチプライズは、インプラント歯学のパイオニアであり、近代歯学に多大な貢献をされたITI 創設時のプレジデントである故André Schroeder (1918-2004)教授を讃え、ITI が授与する1年に1度の賞です。

André Schroeder リサーチプライズは、今日インプラント歯学において最も渇望される賞の1つです。歯学研究の進展のために独立した研究者に授与されます。インプラント歯学、口腔組織再生学、関連分野の新しい科学的所見の促進を目的としています。

新情報—2016年からITI はインプラント歯学と口腔組織再生学分野における独自の研究に対して、年間2種類のAndré Schroeder リサーチプライズを授与します。

前臨床研究に対するAndré Schroeder リサーチプライズ
臨床研究に対するAndré Schroeder リサーチプライズ

受賞者へはCHF10,000と彫刻を施した金メダルが贈呈されます。

2017年度André Schroeder リサーチプライズの応募は2016年9月15日に受付が終了し、現在選考が行われています。受賞発表は、2017年5月4日から6日にバーゼル(スイス)で行われるITI ワールドシンポジウムで行われます。

2018年度分の申請は、2017年9月15日まで受理されます。参加への条件が含まれるAndré Schroeder Research Prize Application Formをダウンロードして応募してください。独自の研究のみ考慮されることにご注意ください。

概要が書かれた申請書と追加書類はすべて英語で作成し、記載漏れのない状態でPDFファイル形式で保存のうえ、ITI 本部researchiti.orgにemailで送信してください。郵送された申請書は受け付けられません。

2018年のAndré Schroeder リサーチプライズは、2018年4月7日から8日に京都で行われるITI コングレスジャパンで発表されます。

その他の情報はITI 本部researchiti.orgへお問い合わせください。

Tel. +41 61 270 83 83
Email: researchiti.org

André Schroeder リサーチプライズ これまでの受賞者
2015 Wah Ching Tan
Effect of systemic antibiotics on clinical and patient-reported outcomes of implant therapy – a multicenter randomized controlled clinical trial.
2014 Jia-Hui Fu
A randomized clinical trial evaluating the efficacy of the sandwich bone augmentation technique in increasing buccal bone thickness during implant placement surgery:
I. Clinical and radiographic parameters.
2013 Jung-Chul Park
Acquisition of human alveolar bone-derived stromal cells using minimally irrigated implant osteotomy: in vitro and in vivo evaluations.
2012 Cornelius von Wilmowsky
Diabetes mellitus negatively affects peri-implant bone formation in the diabetic domestic pig
2011 Nikola Saulacic
Bone apposition to a titanium-zirconium alloy implant surface
2010 Maria Retzepi

The effect of experimental diabetes on guided bone regeneration
2007 Frank Schwarz
Effects of surface hydrophilicity and microtopography on early stages of soft and hard tissue integration on nonsubmerged titanium implants. An immunohistochemical study in dogs
2006 Karthikeyan Subramani
Fabrication of poly (ethylene glycol) hydrogel micropatterns with osteoconductive growth factors and evaluation of effects on bone cell activity and function
2005 Xiaolong Zhu
Analogue-of-bone of nano-hydroxyapatite/collagen as a coating for titanium implants - Preparation、 characterization and cell adhesion
2004 Michael Hänggi
Crestal bone changes around titanium implants. Part 1. A prospective radiographic evaluation of nonsubmerged impants in humans up to 3 years
2003 Yuelian Liu
BMP-2 liberated from biomimetic implant coatings induces and sustains intramembranous bone growth in an ectopic rat model
2002 Lisa Mayfield
Does excessive occlusal load affect osseointegration? An experimental study in the dog
2001 Leif Persson
Re-osseointegration after treatment of peri-implantitis at different implant surfaces. An experimental study in the dog
2000 Alexandra Behneke
Klinische Bewährung transgingivaler enossaler Implantate in verschiedenen Indiktationsgebieten - Ergebnisse einer prospektiven Studie über 8 Jahre
1998 Siegfried Heckmann
Clinical-mechanical investigations of prosthesis load transfer to implant and bone
1997 Joachim Hermann
Crestal bone changes around titanium implants. A radiographic evaluation of unloaded nonsubmerged and submerged implants in the canine mandible
1996 David Cochran
Biologic width around titanium Implants. A histometric analysis of the implantogingival junction around unloaded and loaded nonsubmerged implants in the canine mandible
1995 Daniel Buser
Osseointegration of titanium implants in bone regenerated in membrane-protected defects
1993 Franz Sutter
The new restorative concept of the ITI Dental Implant System
1992 Dieter Weingart