menu

ITI International Team for Implantology

Blog

2017.8.24(木) 13:05

ITI Section Meeting 2017:開催のお知らせ

Certified Specialist Program キックオフ !


 

2017年2月に発足した新制度のプログラム・キックオフとしてセクションミーティングを開催いたします。 本イベントでは、セクションを代表する先生方に「ITIコンセンサス会議議事録 第5巻」の解説および活動報告と、米国よりお招きする和田圭祐先生にご講演をしていただきます。

 

日時:       2017年11月23日(木・祝)10:00~18:00
会場:       東京コンファレンスセンター品川
対象:  ITIメンバー、Non-ITIメンバー(入会をご検討の方)
受講費: 無料
定員:  300名を予定
内容:  こちらでご確認ください⇒ ITI Section Meeting 2017_Flyer_Final
懇親会: 18:15~ Something Delicious 5,000円

 

【お申し込み方法】

■ITIメンバーの皆さま

ITIから届いた「イベントご案内Eメール」本文に表示される”confirm”をクリックしてお申し込みください。画面に”Successfully ・・・が表示”され、「ITI Event Participation Confirmation」という Eメールが届きましたらお手続き完了です。

件名:    ITI Event Invitation または ITI Event Invitation Reminder
配信元: ITInet (no-reply@iti.org)
配信日: 8月3日 (再配信日:8月21日)

イベント及び懇親会の2通お送りしています。

■Non-ITIメンバーの皆さま

フライヤーをダウンロードし、FAXにてお申し込みください。

ITI Section Meeting 2017_Flyer_Final

 

皆さまのご参加をお待ち申し上げております。


  • LINEで送る

ITI Section Japan この記事のURL

2017.6.23(金) 11:48

ITI Section Manager交代について

重要なお知らせ


 

このたび、2009年よりITI Section Administratorとして、ITIの拡大・発展に貢献された、ストローマン・ジャパン株式会社の田岡隆玖氏がご定年を迎えられ、今後相談役として在籍されることになりました。
これに伴い、ITI Section Managerとして、6月1日付をもって、代表取締役社長 嶋田敦氏に引き継いていただくこととなりましした。

皆さまの温かいサポートと、今後の更なるITIの発展にご協力をお願い申し上げます。

ITI Section Japan
チェアマン
船越 栄次

 

ITI_Letter_Section Manager Change_201706

 

  • LINEで送る

ITI Section Japan この記事のURL

2017.5.30(火) 19:11

ITI Section Japan Certified Specialist for Implantology (ITI日本支部公認インプラントスペシャリスト)制度

新しい制度が始まります!



 

本制度は、インプラント治療および関連組織再生に関わる幅広い学識と高度な専門的技術を有する人材の育成を図り、医療の発展ならびに国民のQOLの改善に貢献することを目的として2017年2月に発足し、暫定期間を2019年まで設けております。

この制度では、ITI Section JapanからITIフェロー及びメンバーに対し認定証が交付され、5年毎にその更新が必要となっています。(※認定証発行には審査があります)

2017年4月には先行申請が実施され、ITIフェローを中心とした51名の公認インプラントスペシャリストが認定されました。

第1回目の一般申請受付は2017年7月1日~31日に行います。

本資格を取得希望される方は、「規約」および「暫定期間の申請資格」をご確認の上、「申請の手引き」に沿ってお手続きをお願いいたします。

制度の詳細・申請書のダウンロードはこちらから (http://www.iti-japan.org/specialist/application/)

 

制度の簡易ご案内書

******************************

 過去に退会された方やまだITIメンバーではない方で、暫定期間に本資格の取得をご希望される方は、メンバー特典をご確認の上、2017年7月までに(再)入会手続きをお願いいたします。
オンラインのメンバー登録はこちらから (https://itinet.iti.org/web/network/registration)
  • LINEで送る

ITI Section Japan この記事のURL

2017.5.12(金) 13:04

ITI World Symposium 2017:レポート

Communication Officer レポート


 

“Key factors for long-term success”「長期成功のためのキーファクター」をテーマに、スイスのバーゼルで開催されたITIワールドシンポジウム2017は、 インプラント歯学における知見を見直し、最新の情報を吸収する絶好の機会となりました。

5月4~6日の3日間、世界90カ国以上から4800名以上、日本からは260名以上が参加し、ほとんどすべてのセッションが11か国語の同時通訳付きで盛大に開催されました。3日間を通して世界的に著名なスピーカーがそれぞれの分野に関するKeyを提供し、これらのKeyを持った我々は、質の高い治療法につながる新しい扉を開くことができる というコンセプトで3日間が進みました。各セッションの最後にはパネルディスカッションがあり、会場参加者は携帯端末から各エキスパートに質問することができて新しい試みだと 思いました。会場に居ないと聞けない本音のディスカッションを聞いて、日本から12時間 以上かけて行く価値がある学会と実感しました。

各セッションの内容は新しいITIトリートメントガイドVol10審美エリアにおけるインプラント治療からの内容と、インプラントメインテナンス、そしてデジタルワークフローについてが主でした。またジルコニアインプラントや、新しい サーフェイスについての最新情報もあり、すべてのセッションが魅力的な興味尽きない 内容でした。夜はヴィンテージカー博物館を会場にしたITIレセプションやストローマン・ジャパン設立10周年 を記念したジャパンナイト、そしてロックイベントとなったストローマン パーティーが開催され、終日の学術イベントは賑やかに締めくくられました。

クロージングでChen新会長から、オンラインアカデミーに関してのITIメンバーへのサプライズ 発表があってシンポジウムは大盛況のうちに幕を閉じました。今後、ITIメンバーのベネフィットは ますます増えていくことでしょう。また今回のITIワールドシンポジウム2017は、まもなく スタートするITI 日本支部公認インプラントスペシャリスト制度の申請条件に加算することが できます。来年はジャパンコングレスが6月に開催されます。再び多くのメンバーの先生方と最新情報を交わせることを楽しみにしております。

Communication Officer
佐藤 孝弘

 

ITI World Symposium 2017の様子は、ITI本部ページをご覧ください。http://www.iti.org/worldsymposium2017/newsroom

  • LINEで送る

Takahiro Sato, Section Communications Officer この記事のURL

2017.5.11(木) 12:16

カテゴリ:

ITI World Symposium 2017:参加者4800名を記録

ITI World Symposium 2017: Record attendance of 4,800

国際歯科インプラント会議では過去最大規模
新しいITIプレジデントが就任される


 

(ITI Press Release より 原文http://www.iti.org/public/services/download/2474

2017年5月5日、スイス、バーゼルより –  The International Team for Implantology (ITI)が2017年5月4日~6日にかけて、スイスのバーゼルでITIワールドシンポジウム2017を開催した。90か国4800名以上の歯科医師がITIの最も重要なイベントに参加し、ITI過去最大の国際歯科インプラント会議になった。この3日間のサイエンティフィックプログラムの焦点は「長期成功のためのキーファクター」である。

このサイエンティフィックプログラムは現在の治療法や新技術の多様な側面について鋭い洞察を提供する世界中のスピーカーやモデレーター100名以上が関わり、各講演は診察から手術までの全治療サイクルの説明をする45分間の講演から、15分のみの徹底的に集中した6つのブレイクアウトセッションまで、様々であった。ファカルティーは各分野の有名なスピーカーと才能のある専門家達がタッグを組み、ITIの27セクション全てのフィールドにて講演を行った。可能な限り多くの参加者に理解してもらう為、11か国語の同時翻訳も行われた。

イベントはStraumann(ストローマン)、botiss(ボティス)とMorita(モリタ)による半日間のプレシンポジウム企業フォーラムから始まった。フォーラムでは、人工知能と生体力学の分野の世界的に有名な研究者及びパイオニアであるKevin Warwick(ケビン・ワーワック)教授が今後の医療の方向性に関する講演を行った。その他にも、参加者が休憩中にもイベントを楽しめるように大規模な業界の展示品やポスター発表を行った。プログラム終了後は伝統的なITIレセプションや伝説的なロックイベントとなったストローマンパーティーが開催され、終日の学術イベントは賑やかに締めくくられた。

このサイエンティフィックコミッティのチェアーであるDaniel Wismeijer(ダニエル・ウィスマイジャー)は次のように述べた。「あらゆる基準からこのワールドシンポジウムの成果に喜んでいます。 より多くのプラクティショナー達がITIが提供する信頼できるエビデンスベースの情報を母国へ持ち帰り、日々の臨床に活用できる信じています。」

新ITIプレジデント、Stephen Chen(スティーフン・チェン)
ITIワールドシンポジウム2017の前日に開催されたITI年次総会2017で、新ITIプレジデントとしてStephen T. Chen博士(オーストラリア、メルボルン出身)が正式に就任した。過去4年間組織を率いたDavid L. Cochran博士(米国、サンアントニオ出身)は次のように述べる。「Stephen T. Chen氏は、ITI教育委員会のメンバーとチェアーを務めて10年以上にわたりITI教育の実績を積んでいます。彼はITIの教育プロジェクトを次のレベルへステップアップさせる事を理想とし、実際に今年後半に予定されている歯科医師のために標準化されたモジュール式の新しいITIカリキュラムにとりわけ力を入れております。」

ITI名誉フェローシップ、Daniel Buser(ダニエル・ブーザー)
同会合にて、Daniel Buser博士(ベルン、スイス出身)の授賞式が行われた。Daniel Buser博士は過去30年、ITIとインプラント歯科医療に大きく貢献し、そのたゆまぬ努力に敬意を表し、1993年から続く16人目となるITI名誉フェローシップを表彰された。

次回のITI World Symposiumは2020年に開催される。

  • LINEで送る

ITI Section Japan この記事のURL

2017.5.10(水) 10:03

ITI Congress Japan 2018:開催決定!


 

Save the Date !!


 

カレンダーにこの日付をマークし、ぜひ予定を空けておいてください。

日時:  2018年6月16日(土)・17日(日)
会場:  東京国際フォーラム
テーマ: Tradition & Innovation ~伝統と革新~

 

  • LINEで送る

ITI Section Japan この記事のURL

2017.3.16(木) 21:14

ITI Study Club ディレクター会議 レポート

ITI SCD Meeting 2017


 

2017年3月9日(木)ストローマンジャパン本社内で,ITI Study Club Director Meetingが
開催され全国39のITIスタディクラブのディレクター,coディレクターが集まりました.
船越チェアマンの挨拶の後,ITIセクションNorway&Swedenの神保 良先生から,スウェーデン
の歯科事情と今後について特別講演がありました.その後,塩田Study Club Coordinatorより
セクションジャパンのメンバーシップの現状,スタディクラブの課題や運営について報告が
なされました.船越チェアマンからはセクションジャパンの新たな取り組みとしてITI認定医制度
の設立について説明がありました.昼食後にはITIスタディクラブの支部制導入についての
説明があり,私、Communication Officerの佐藤からはオンラインアカデミーとITInetについて積極的
な利用方法を解説しました.塩田先生よりスタディクラブの改善点,将来プランについての
話がなされたうえで,各支部毎に集合し今後の各支部の取り組みについて議論が交わされ
ました.その後,勝山Education DelegateからはITIコングレスジャパン2018の概要が紹介
されました.本年度は支部制と認定医制度がスタートし,さらに来年にはコングレスジャパン
開催を控え大いなる飛躍の年となるでしょう.閉会後は会場を移動して懇親会が開催され
親睦を深める時間を過ごしました.

Communication Officer
佐藤 孝弘

  • LINEで送る

Takahiro Sato, Section Communications Officer この記事のURL

2017.2.8(水) 18:55

ITI Section Japan ブログを開設しました


ITI Section Japanの最新情報をいち早くお届けします。

このたび、ITI Section Japanでブログを開設する運びとなりました。
このブログでは、ITI Section Japanの最新情報をホームページでの公開に先駆けてお知らせしていきます。各種の活動予定や報告、イベントの模様などに加え、ITI Section Japanを統括するリーダーシップチームからの生の声などもお伝えしていく予定です。

ITI に興味をお持ちいただき、ご入会を検討されている方はもちろん、すでにメンバーとなられている方にも有益となる情報をわかりやすくお届けしていく予定です。更新情報はITI Section Japanホームページのトップ http://www.iti-japan.org/ に随時表示されますので、ぜひチェックしてください。

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

  • LINEで送る

ITI Section Japan この記事のURL

最新の記事
カテゴリ
月別エントリー